遠視の治療

レーシックの手術にかかる時間

目の中をいじる・・・と聞いただけでもぞっとするなんて言う人もいるくらい、普段人に触られることのない目、という部分を手術するとなれば、不安感がぬぐえない人も多いでしょう。
目は神経が細かく張り巡らされている部分なので、やはり怖いです。
また何をしているのかが目で見てわかりますので、目の手術となると他の部位の手術よりもずっと恐怖感があるのです。

レーシックは目の中をいじるという手術になりますのでやはり恐怖感がある方が多いです。
ただ時間的なことを言うと、手術そのものは10分から長くても30分程度で終わってしまうので、実にあっけなく終わってしまうものです。
もちろん、手術の前に自薦検査がありますし、カウンセリングや手術に関する説明などがあります。
手術当日は待機している時間の方が長い位です。

手術当日はレーシックについての最終的な説明があり、手術となります。
まず点眼薬で麻酔をします。
これで痛くもかゆくもなくなります。
何かいじっているなという感覚がありますが、それ以外は何も感じません。
麻酔がきいたら角膜の蓋となるフラップを作ります。
フラップが出来たら、角膜にレーザーを照射し、網膜で焦点が合うように薄さを調整します。
調整が終わったらフラップを元の位置に戻して消毒用の点眼薬で消毒し、終了です。

結構あっけないですよ。
だいたいどこのレーシック専門クリニックや眼科でも同じような流れです。
手術ですが、とても手術と思えないような感じで終了します。
角膜にレーザーを照射している時も、両眼1分程度という短い時間の照射ですから、何も構える必要なく本当にあっという間に終了してしまいます。

手術の前に行う検査やカウンセリング、また手術後、30分から1時間程度休憩室で安静に過ごし、医師が目の状態を確認し、全部終了です。
クリニックに入ってから通常、2時間くらいですべてが終了しクリニックを出てきます。
遅い場合でも3時間くらいです。
乞うs手考えてみるとレーシックは思ったほど時間がかからないのです。
気になるレーシックの後遺症についての記事も参考にご覧ください。


Copyright(C) 2013 視力を快適に回復 All Rights Reserved.