遠視の治療

レーシックを受けた人の視力

レーシックを受けるという事は、メガネやコンタクトレンズなど矯正装置を利用して視力を矯正しているという事です。
目が悪くない人にはわからないと思いますが、メガネやコンタクトというのは実に面倒です。
メガネはスポーツするにも邪魔ですし、近視がきつい人ほど見た目が変わります。
メガネをすることによって目が小さく見えるですよね。

コンタクトレンズの場合見た目に変化はありませんが、目に異物を入れるという事ですから、連続装用できるタイプのコンタクトレンズの場合、消毒などに気を使いますし、使い捨てレンズの場合、費用がかなり掛かります
ドライアイになってしまったり、花粉やほこりが入るととんでもなく痛い!!という事もあり、生活に大いに支障をきたすのです。

そのため、目が悪い人ほど裸眼の生活に憧れるでしょう。
メガネもコンタクトもいらない生活ってどんなに気が楽だろうと考えます。
そこで視力を回復させるレーシックを行うのです。
レーシックは角膜の厚さを調整し網膜で焦点が合うように手術を行います。
レーシックを行った方の視力ですが、人によって違いがあります。
だいたい一般的に0.7くらいから1.5くらいまでです。

つまり、レーシックを行うことによって、生活に支障がない視力に出来るという事です。
裸眼で免許証が取得、更新できる、生活するうえで文字を読むのに困らない、というレベルまでレーシックを受ければ回復できると考えておけばいいでしょう。
このレーシック手術の後、どのくらい視力が回復するのかという事については、手術前に行う検査によってある程度把握できます。

また医師からどの程度視力をあげたいか?と聞かれることもありますし、逆に、このくらいまで視力を回復させたいのですが、自分の目の場合どうですか?と質問してみてもいいでしょう。
もちろん、希望の視力まで届かないという場合もありますし、それ以上に見えてしまうという事もありますが、適正に裸眼でモノを見ることができるというレベルに回復できるのがレーシックです。
みなさんもこれを機にレーシックに挑戦してみてはいかがでしょうか。


Copyright(C) 2013 視力を快適に回復 All Rights Reserved.