遠視の治療

イントラレーシックとは

角膜が薄くて通常のレーシックができないという場合、ラセックやエピレーシックでの施術となっていましたが、こうした角膜が薄いために通常の巣術をできないという方に画期的な種類が登場しています。

「イントラレーシック」です。

この種類は角膜に直接触れることなくフラップを作れるという画期的な方法です。
この方法はアメリカで発明されたイントラレーザーという機器で可能となりました。
さすが、レーシック先進国アメリカです。
イントラレーザーという機器では、特殊レンズを通したレーザーを角膜に照射します。
そのため、角膜に実際触れることなくフラップを均一にきれいに作ることができるようになったのです。

このイントラレーザーのすごさはもう一つあります。
それは従来のレーシックの大きな問題点を解決したことです。
従来のレーシックの場合、フラップを作る際、医師の技術がレーシックの出来に深く関係してしまう事に問題がありました。
医師が技術不足だった場合、フラップの断面がぼこぼこになってしまうなど、フラップの出来に大きな差が出ていたのです。
この部分をコンピューター制御できるようになったイントラレーシックでは、フラップ作成に医師の技量が必要なくなり、美しいフラップを作れるようになったのです。

どんなこと施術でもそうですが、医師の技術によってその後に差が出ることは多々あります。
歯医者さんなどもいい例ですが、どんなに硬いものを噛んでも取れない差し歯もあれば、ちょっと硬いものを噛んでぽろっと取れてしまう差し歯もあります。
こうした医師の技術の違いは、あってはならないことなんですけど、手で行うものに関しては限界があります。

レーシックについても同じことで、特にレーシックのフラップ作成はとても繊細な作業となりますので、医師が持っている技術と経験が色濃く施術に反映されてしまうものだったのです。
でもその施術の技術差をなくしてくれたのがイントラレーザーというわけですね。


Copyright(C) 2013 視力を快適に回復 All Rights Reserved.